同伴にも使える|お店の雰囲気に合ったキャバ嬢ドレスを選んで存在感をアピールしよう

お店の雰囲気に合ったキャバ嬢ドレスを選んで存在感をアピールしよう

婦人

同伴にも使える

婦人

外でもお店でも

キャバドレスよりもキャバスーツの方が優れている点があります。それは、同伴に着ていくことができるという点です。キャバドレスは接客専門の服で、派手で華やかな印象を持たせることができます。しかし、お店の外に出るには目立ちすぎるので、外出時には向かない服装だといえます。キャバスーツだとしっかりとした印象を与えるので、外出しても不自然ではありません。お客様と同伴するときに着ていくと、着替えずにお店でも接客することができるのてとても便利です。同伴するときは私服でも良いのですが、お店での雰囲気とあまりにもかけ離れた服装をしていくと、お客様をガッカリさせてしまいます。外出するときやお店での接客に使えるキャバスーツは、同伴に最適だといえます。

派手すぎない

お客様と同伴するときにキャバスーツを着ていく人は、あまり派手ではないものを選ぶのが無難です。派手すぎてしまうと、街中で変に注目を集めることになり、恥ずかしい思いをするかもしれないのです。自分に対するお客様のイメージを壊さないことも大切です。例えば、お店ではしっかり者のお姉さん系のイメージだったとして、同伴するときに派手なキャバスーツを着てしまうと、軽そうなイメージを与えるのでお客様が離れていってしまいます。同伴だからと気が緩み、服装に無頓着になってしまうと自分への評価が下がってしまうので注意しましょう。お店のイメージとかけ離れずに、自分に合った大人しめのキャバスーツを着ることで、恥をかかずにイメージを保つことができます。