お揃いのドレス|お店の雰囲気に合ったキャバ嬢ドレスを選んで存在感をアピールしよう

お店の雰囲気に合ったキャバ嬢ドレスを選んで存在感をアピールしよう

婦人

お揃いのドレス

花嫁

ブライズメイドとは、結婚式でお揃いのドレスを着て様々な演出をする人のことで、欧米の習慣にならってものです。花嫁付添人と訳されるように、花嫁に寄り添ってサポートをします。新郎側の付添人はアッシャーと呼ばれ、アッシャーとブライズメイドは同じ人数になるように調整され、たいていの場合3人とされています。友人や姉妹、親戚などが選ばれますが、未婚の女性を選ぶことが多いです。日本では結婚式の際の新郎新婦のサポートやゲストへの心配りなどは、結婚式会場にいるプロのスタッフに一任するのが一般的ですが、ブライズメイドを頼むことによってフレンドリーでアットホームな式にすることができます。また、ブライズメイドに選ばれた人も結婚式を見ているだけでなく、参加することで心からお祝いすることができます。

ブライズメイドのドレスは、お揃いのドレスという決まりがありますが、同じでサインで色違いのドレスでもデザインが異なっていても色が統一されているドレスなどでも大丈夫です。ドレスを用意するのは新郎新婦になりますが、どんなドレスにするのかはブライズメイドと一緒に選んだ方が楽しいです。ブライズメイド用のドレスを用意している結婚式会場は少ないですが、オンラインショップで用意することもできます。ブライズメイドのドレスも新婦のドレスと同様に、結婚式当日までに確実に用意できるよう早めに手配します。ドレスは自分の体形に合うようにサイズを直した方が見栄えもよくなりますし、動きやすいです。サイズ直しは意外に時間がかかるので、結婚式の3か月前から準備しておくのがおすすめです。